このエントリーをはてなブックマークに追加 おちゃのこネット登録

2007年08月18日

ダイヤモンドタトゥ・・・描く♪

下絵を転写したら、その上にグルー(特殊な糊)を乗せていきます。

太い部分は、輪郭から描いて行き、その後塗りつぶすようにグルーを乗せます。

細くエッジを利かせたい部分(図柄の端の鋭角な部分など)は、先の方から中に向かって筆を使います。
※写真の筆遣いは逆ですね^^;筆先の細い所を先っちょに持って行きます。

下絵の消えていたり、見えなくなっている部分は・・・

転写の時に使った下絵を参考に、フリーハンドで描いて行きます。

ここは腕のみせどころ!がんばれぇ〜♪



こうして、ハンドメイドでグルーを乗せて行くと、細かな図柄の場合は、恐ろしいほど時間がかかってしまいます(^^;)。

そこで!

究極の手抜きお助けグッズを紹介します♪

ステンシル(STENCIL)型紙です♪

ステンシル

このステンシルを使用すれば、施術時間が大幅に(1/5〜1/3)短縮できるんです♪

だって、「図柄を下絵にして、転写して、フリーハンドで描く」という工程が、ステンシルの切り抜いてある部分にグルーを乗せるだけ♪という、単純な作業になって、それこそアルバイトスタッフにだって任せちゃえるんです♪



このステンシル、ネットでもちょこちょこ販売されてますが、図柄も限られているし、オリジナルの図柄のステンシルなんてありませんよね〜♪

ところが!

うちのサロンでは、プロッターというパソコンにつないで使用する、カットマシーンがあります。

入れたい図柄をスキャナーで取り込んで、その図案通りにカッティングシートをカットできるんです。

原画

原画を描いたら、スキャナーで読み込み、カットされて出てきます。

カストリ

不要な部分を取り除いて(カストリって言います)出来上がり♪

オリジナルステンシル



他のサロンからの依頼とかも、結構あるんですよ♪

もちろん!個人での依頼も承ります(~0~)。

値段もA4サイズ程度で1,500円〜と超安価ですので、試してみては?

詳しくは、サロンのHPの「ダイヤモンドタトゥ」のページをご覧くださいね♪



フ・フ・フ♪

うちのサロンのダイヤモンドタトゥが安価な理由が、おわかりいただけました?

人の手と時間がかかって、エッジガタガタのダイヤモンドタトゥと、時間も人手も余りかからず、仕上がりパーフェクト♪な安価なダイヤモンドタトゥ。。。。

どちらで施術されますか?

あ!

誤解のないように・・・・

別に他のお店に喧嘩を売ってるわけでもないし、絵を描く技術もないんじゃないんですよ^^。

うちのスタッフは、鉛筆一本で・・・

蓮 トンボ

これ位の絵は描けるくらいの腕ですから♪ご安心を♪

posted by フジタ@癒楽庵 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53036756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメントやご質問は、確認後に掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村←ランキングにご協力ください♪ポチっとね♪