2007年08月01日

ダイヤモンドタトゥ・・・下絵の転写

下絵が描けたら、いよいよ肌に転写します。

鉛筆で描いた側が肌に密着するように、そして、ずれないように、描きたい場所に合わせて、両端をテープで止めておきます。



転写用アルコールを綿棒などに浸み込ませて、ペーパーの上から押し付けるようにこすり付けて肌に転写します。



この時、転写用アルコールの量が少ないと、キレイに転写されませんので、注意が必要です。




実は・・・・

ここで裏技が役に立ちます♪

知っている人しか知らない、転写の裏技とは・・・・。

「えっ?そんな物でそんな事が?」という、知っている人しか知らない裏技です^^;。

ま、それは別の機会に・・・o(*^▽^*)oあはっ♪



この転写がキレイに決まると、後の作業が楽になりますが、キレイに転写されていない場合・・・・

施術者の美術センスに頼るしかなくなります(^^;)。

芸大出とか、絵を描くのが好きな人ならOKですが、まれにそうでない人もいるようで・・・・(-∧-;) ナムナム

下絵と見比べながら、見えない下絵にグルー(糊)を乗せなければいけません。。。。。(^^;)
posted by フジタ@癒楽庵 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメントやご質問は、確認後に掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村←ランキングにご協力ください♪ポチっとね♪