2016年11月20日

インセンスボトルの作り方。。。\(^o^)

どもどもぉ〜♪σ( ̄。 ̄) オイラです。

ワインボトルのリメイクに関して、たくさんのメールをありがとうございます♪

なかなか、全てのメールにお返事が出来ておりませんが。。。(^^;)ゴメンヨ〜

一番多いご質問の「具体的に、どうやって作るの?」について、今日は具体的に書こうと思います♪

要は、どうやってワインボトルに穴を開けるのか。

ステンシルをどう使うのか。

この2点ですね・・・(^^;)


どうやって穴を開けるのか。。。

答え:削って開ける♪。。。(;^_^A アセアセ

( -_-)じー… σ(^◇^;)はいはい。。。

σ( ̄。 ̄) オイラは、こういう道具を使っています。


ハンドリューター


ダイヤモンドビット

最近の記事でも書いているように、100均の物でも可能ですが、ずーっと使うなら良い物を♪ね。

ではでは

ボトルインセンスホルダーの作り方講座〜始まりぃ〜♪(^o^)/

IMG_1699.JPG
【準備するもの】

 ワインボトル・水に浸したティッシュ・リューターとビット

先端には棒状のダイヤモンドビットを付けています。

上のビットの画像の、一番左の形の物です。

水をかけながら削るので、下にタオルを敷いています。


IMG_1700.JPG
ボトルの底から、3〜5cmのあたりに、穴を開けようと思います。

その辺りを、水を含ませたティッシュで拭いて。。。。

準備オッケ〜OK〜OK牧・・・・駄洒落はいいからはよ次行け!」o(・_・θキック



IMG_1702.JPG 
やり方は色々あると思いますが、σ( ̄。 ̄) オイラの場合。。。

最初は、45度くらいの角度で、ビットの先端をボトルに当てて、角を使って削り始めて。。。

削れてきたら、軸先を中心に、円を描くように、リューターを回して削ります。。。

この時、力はほとんど入れません!

全く入れない訳ではないのですが、軽〜く軽く。。。

リューターの重さを乗せるくらい。。。

しかし、リューターの先端は、回転していますので、しっかりとホールドしながら!ですよ。

この力加減が、ちと難しいかな?

ま、すぐに慣れると思いますが。。。。(^^;)

削りカスで水が白く濁ってきたら、リューターをそこから外して、水を補給します。


IMG_1703.JPG
丸く削れてますね♪

さらに掘り進めます。。。


IMG_1704.JPG
開きましておめでとうございま〜す♪\(^o^)

5分もかからないかな?無事開通です♪

これで開いてるの?って。。。σ(^◇^;)。。。うん、いちお。。。ね

ビットの直径、3mmくらいの穴が開きました♪

しかし、こんな小さな穴だと、インセンスが消えてしまいます。。。(^^;)

せめて、7〜8mmの穴が必要なので、広げて行きましょう♪

今まで使ったビットで、チマチマと削っても良いのですが。。。

σ( ̄。 ̄) オイラは、ビットを交換します♪

IMG_1706.JPG
砲弾型ダイヤモンドビット〜♪(←ドラえもん風に♪)チャララッチャラ〜ン♪

( -_-)じー。。。。。いや。。あの。。その。。あははσ(^◇^;)


IMG_1707.JPG
充分に湿らせたあと、先端をやさしくあてがい、ゆっくりと。。。。

いや〜ん(*^。^*)なんかエッチィ〜♪

充分に湿らせたあと、先端をやさしくあてがい、ゆっくりと。。。。ムフ♪(#^o^#)

_(. ・)θ☆()キーック。。。。。(。_゜)〃ドテッ!


IMG_1708.JPG
この時も、先ほどと同じように、先端を中心に円を描くように。。。。ね。

特に、水の補給をマメにしてくださいね〜。


IMG_1709.JPG
はーい、穴が大きくなりました〜♪(^^)// ハクシュハクシュ

削ったカスが、ボトルの中にも入ってますね。。。(^^;)

ここで一回、洗浄しましょうかね♪


ボトルの中の洗浄ですが。。。。

水と、ティッシュを一枚、一緒に入れて。。。。

開けた穴を指で押さえて、水とティッシュをボトルの中でグリグリと回します。。。

ボトルの口を下にして、指を離せば。。。。シュポン♪っとティッシュもお水と一緒に出てきますね♪

ほら♪

ボトルの中もきれいになりました♪

IMG_1710.JPG



IMG_1711.JPG
キーホルダーリングに、インセンススティックを挟んで。。。。

先端に火をつけて、ボトルに吊るせば。。。。

IMG_1712.JPG
ワインボトルのインセンスホルダー、インセンスボトルの完成です♪(^-^)//""パチパチ


実は、今回開けた穴ですが、この大きさがミソなんです♪

大きければ良いのですが、小さいとダメな理由。。。

IMG_1713.JPG
ボトルの中には、煙が充満していますが。。。。

開けた穴から、新鮮な空気が瓶の中に流れ込みます♪

物が燃えると発生する二酸化炭素は、重たいので下に溜まります。

だから、線香の火元よりも下に穴を開けないといけないし、小さすぎてもダメなんですね♪

もし、線香の火が途中で消えるようなら、穴の大きさをもう少し大きくしてみましょう♪(^o^)

線香が燃え尽きると。。。。

灰はボトルの底に。。。

そして、線香は。。。。

IMG_1714.JPG
この辺りで、自然消火します♪

お部屋も汚さないし、オシャレだし、何より簡単だし♪

挑戦して見てちょんまげ〜♪

はい!今回はこれでおしまい♪

ちと、長かったね〜(^^;)


次回は、このボトルを、ステンシルを使って飾りましょうかね♪

IMG_1725.JPG
↑こんなのしよか♪クリックすると他の作品も見れます♪

よろしければ、ご感想などコメントいただければ、励みになります♪

ついでに、今日も↓「ポチッ」とな♪

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
↑読んだよ♪のご報告♪今日もポチッっとクリックをお願いします。<(_ _)>

D-Freak-88.gif
↑ このロゴ ↑ をクリックして「D-Freak」を宣言しましょう♪
posted by フジタ@癒楽庵 at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しい情報を、ありがとうございます。
楽しく拝見しております♪
私もワインが好きで、よく飲んでいますので、ワインボトルのリメイクにも、挑戦して見ようと思います。(^0^)

例のボンドですが、そちらのサイトでは販売されないのでしょうか?
ステンシルと一緒に、注文したいのですが、ご検討いただけると、ありがたいです♪
Posted by Keiko at 2016年11月21日 20:36
Keikoさん、コメントありがとうございます♪
ステンシル、ボンドなどをセットにした物を、販売サイトにアップしております。
よろしければご利用くださいませ♪(⌒▽⌒)
Posted by 藤田@癒楽庵 at 2016年11月22日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
※コメントやご質問は、確認後に掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村←ランキングにご協力ください♪ポチっとね♪