2009年07月07日

ダイヤモンドタトゥのステンシル【薔薇】

昨日に引き続き、新物ステンシルをサイトの方にアップしました♪

本日アップした物は、一般の方にもお求めいただけます♪

でも・・・・

会員登録された方が、お得ですよ♪・・・・トウロクワムリョウダヨ^^;

登録時にご購入に使用できるポイントを100Pプレゼント♪

更に、会員価格でお得で〜す♪

ただ・・・・

時々、変なおっさん(σ( ̄。 ̄) オイラのことデス)から、メールが来たりもします・・・・あせあせ(飛び散る汗)



Rose-10.jpg rose-11.jpg

rose-13.jpg Rose-15.jpg

AF118-0707.jpg イメージは合成ですあせあせ(飛び散る汗)

DG145-0707.jpg イメージは合成ですあせあせ(飛び散る汗)

お求めは、←左の「ステンシル販売サイト」のリンクからアクセスしてくださいませ♪




昨日、メールでご質問をいただきました。


「ステンシルにグルーを乗せる時、筆で乗せるのですか?指で乗せるのですか?」

多くのスクールでは、筆にグルーを取って、乗せていますが・・・・

うちでは、指で乗せています。

人の指って、超高性能なセンサーなんですね。

グルーの量の調整や、ステンシルの細かい部分への施術には、指先に勝る物はありませんるんるん

筆で乗せていると、グルーの厚みが不均等になったり、少なかったりしがちですよね。

また、小さな点のような部分には、筆だとグルーが入って行きにくいですよね。

こういう時、指先にグルーを付けて、小さな部分をトントンと軽く叩くようにグルーを入れて行くと、細かい所までキッチリ仕上がります。

肌に付いたグルーが少ないと、グリッターがかすれた様になりますし、薄い部分から剥れやすくなります。

また、グルーが多すぎると、グリッターを乗せた後で指で押さえた時に、ブニュっと広がってしまって、これもまた仕上がりが悪くなってしまう原因ですね。


ちょうど良いグルーの量は、ステンシルの厚み分位です。

グルーの厚みを指先で感じながら施術します。

筆で乗せ術は、熟練しないと、グルーの厚みを均等に・・・は、なかなか難しいようですね。あせあせ(飛び散る汗)

※エッジ部分にはしっかりとグルーが乗っているのに、中の方が少なくて、仕上がりが貧弱に見えてしまう・・・・って、初心者の頃に、誰でもが経験することですね。


グルーを乗せて、ステンシルを剥がした時には、まだ若干グルーの白みが残っている程度がベストです。

やがて全体的に白みがなくなり、透明になって来る頃にグリッターを乗せて行きます。

グルーは、適度の厚みのある方が、ダイヤモンドタトゥ自体も立体的に輝きますし、持ちもいいようですねぴかぴか(新しい)


どんな高価な筆より、指先センサーが絶対勝ってます♪と、思いますあせあせ(飛び散る汗)・・・チョットヨワキニナッタリシテ

≧(´▽`)≦アハハハ


ついでに・・・・

指に付いたグルーの落し方・・・・

右利きでしたら、左の手のひらに数滴のクレンジングオイルを取り、コンタクトレンズを洗うように、右指の先に付いたグルーを、オイルに馴染ませながら軽く擦ると、落すことができますね。


ひらめきへぇ〜そうなのかひらめき」とか「ひらめき参考になったなひらめき」って思われたなら・・・・

↓ご協力くださいませ↓<(_ _)>↓

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
↑ランキングに参加しています♪ポチッっとクリックをお願いします。<(_ _)>
posted by フジタ@癒楽庵 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ステンシル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※コメントやご質問は、確認後に掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村←ランキングにご協力ください♪ポチっとね♪
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。