2010年04月11日

桜と共に逝った君・・・

昨日までの晴天で、街中の桜は咲き誇り、一瞬の間をおいて一気に散り始める。

車の起こす風にも花びらは舞い・・・

踊りながら別れを告げる。。。



10日の朝。

始業の8時を前に、携帯が鳴った。

中学の同級生の国ヤンからの電話だ。。。



2年前、中学卒業30年を期に、同窓会が開かれた。

30年ぶりの同級生たちは、あっという間に当時に戻り、語りつくせぬ時間と知りながら、大いに語り、飲み、笑い、旧交を温め合った。


地元で親父の跡を継ぎ、土建屋の社長になった国ヤン。

中学当時、もっとも背が高く、当然のように「ばばちゃん」のニックネームを得た、ばばちゃん。ジャイアントババガキゲンナノネ^^

中学当時、ツッパリのアイドル的存在で、看護婦を経て、無事主婦になった秀美ちゃん(笑)。

妙な親近感を持つ者同士なのか、同窓会での再開を期に、互いの距離感を縮めてた。



「近いうちにみんなで飲もうか!』と、国ヤンから電話をもらった次の日が、4月10日だ。。。。



「昨夜、ばばちゃんが車に跳ねられて、亡くなったらしい。」

・・・

・・・

・・・







体が大きい分、飲む量も半ぱじゃなかったばばちゃん。

「がははは!」と、豪快に笑い、食い、飲んでたばばちゃん。

そうそう!

数学の授業中に、腹を下して真っ青な顔になって、脂汗を垂らしながら、か細い声で「トイレ行かせて〜」と立ち上がってたばばちゃん。

・・・

・・・

・・・

・・・





桜の散る頃。。。

俺らには、忘れられない季節になったよ。



もちっとそっちで待っててな。

そのうち俺らも、順番にそっちに行くことになるんやから。。。


どうせなら一番キレイに咲いてる桜の木の下に、ブルーシートを広げてな、一杯飲みながら気長に待っててくれな。。。

で、俺らがそっちに行ったら、また「がははは!」って大きな声で笑いながら、迎えてくれよな。。。。



とりあえず今夜は、それぞれがお前を思い出しながら、静かに飲んでるわ。

気が向いたら夢にでも出て来いや。。。。




せやけど・・・

逝くには、まだ早すぎるで・・・

バカヤロウ!
posted by フジタ@癒楽庵 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※コメントやご質問は、確認後に掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村←ランキングにご協力ください♪ポチっとね♪
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。