2009年01月16日

ダイヤモンドタトゥの練習

スタッフの練習用などに使用できる、比較的簡単な図案を集めてみました。

IMG_0003.JPG 1,600円(送料別)
お求めはこちらから♪







「どうしたら上手にできるようになりますか?」って時々聞かれますが、「練習あるのみ!」と答えてます。(笑)

最初から細かい図案で施術するより、やはり大まかな易しい図案から取り掛かった方が、結局、上達は早いように感じますね。

ステンシルでのダイヤモンドタトゥは、簡単です♪

しかし、難しい場合も多々あるのです。

例えば・・・・

人の身体って、平面ではありませんよね。

どの部位であっても、3Dに湾曲しています。

そのため、大きなステンシルだと、部分的に浮いてしまう場合もあるのです。

そんな時に、安直にグルーを乗せてゆくと、ステンシルからはみ出した状態でグルーが乗ってしまい、後の修正が大変になってしまったりします。

何事も最初が肝心だと思います。

簡単な図案から初めて、徐々に大きな図案や複雑な図案に移っていった方が、施術者の自信にもつながると思います。

うちでの目安は・・・

細いラインが入っていても、身体の曲面に合わせて施術できるようになって合格かな(笑)




ステンシルでのダイヤモンドタトゥの上達には、簡単な図案からの練習が一番ですね♪

これは、フリーハンドの場合も同じですよね。

簡単な図案から次第に複雑な図案へとステップアップして行きましょう♪




symbols-01s.jpg 比較的簡単な図案の下絵集もアップしました〜♪

閲覧には会員登録(無料)が必要です♪

こちらからどうぞ♪

posted by フジタ@癒楽庵 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※コメントやご質問は、確認後に掲載いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村←ランキングにご協力ください♪ポチっとね♪
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。